【AIで本要約】人はどう老いるのか|著:久坂部 羊【老後問題】

人はどう老いるのか 本要約:哲学・人生・啓発

 今回は『人はどう老いるのか』について解説します。

アイホン
アイホン

本書は、久坂部羊さんが書いた、老いと死について現実的な視点から考える新書です。

著者:久坂部羊さんのプロフィール

 久坂部さんは、医師であり作家でもあります。

 医師としての経験や見聞をもとに、日本人の死生観や老い方について書かれています。

人はどう老いるのか:要約

 本書では、認知症やがんなどの老年期に多い病気や、医療幻想や欲望肯定主義などの社会的な問題について語られています。

 また、上手に老いる方法や死に方についても言及し、老いと死を恐れずに向き合うためのヒントを教えています。

 本書を読めば、老いや死に対する覚悟や希望を明確にし、前向きに生きられるようになるでしょう。

アイホン
アイホン

キャッチコピーをつけるなら『人は老いるし、死ぬ。』です。

第一章:老いの不思議世界

 本章では、老いとは何かなどを解説しています。

老いること
  • 老いると、感覚器官や認知機能が低下し、体力や運動能力が衰え、病気にかかりやすくなる。
  • 老いることにはプラス面もあり、人生経験や知識が増え、価値観や生き方を見つけやすくなり、社会的な責任や義務が減少し、時間を自由に使えるようになる。
  • 老いることに対する態度は、個人や文化によって異なる。

 一般的に、西洋では老いを否定的に捉え、一方、東洋では老いを肯定的に捉える傾向があります。

 この、老いることに対する幻想や期待は、現実とのギャップによって苦しみを生み、一方、老いることに対する達観や受容は、現実との調和によって安らぎを生みます。

現実と調和する

老いは自然の摂理であり、避けられないもの」という認識に基づいて、老いと死を恐れずに向き合うと、穏やかに生きられる。

第二章:手強い認知症高齢者たち

 本章では、認知症高齢者の対応法などを解説しています。

 認知症とは、脳の機能障害によって、記憶力や判断力などの認知機能が低下する病気です。

 認知症には、いろんな種類があり、それぞれに原因や症状が異なります。

認知症の種類
  • アルツハイマー型
  • 脳血管性
  • レビー小体型など

 認知症高齢者には、いろんなタイプの性格や行動の傾向があり、それぞれに応じて、適切な対応法をとることが重要です。

認知症のタイプ
  • 多幸型
  • 不機嫌型
  • 怒り型
  • 泣き型
  • 笑い型
  • 意地悪型など
認知高齢者の対応法
  • 感情や意見を尊重し、否定や論破を避ける。
  • 現実感や記憶に合わせて話し、無理に正しいことを教えようとしない。
  • 安全や健康を確保し、必要な医療や介護を受けさせる。
  • 自立や自尊心を支え、適度な刺激や活動を提供する。
  • 個性や趣味を理解し、共感や楽しみを共有する。

第三章:認知症にだけはなりたくない人へ

 本章では、認知症にならないためのコツなどを解説しています。

 認知症は、なりたくない病気の第一位です。

なりたくない病気ランキング

1位:認知症

2位:がん

3位:脳血管疾患、糖尿病など

 だけど、予防や治療法は限定的だし、副作用や費用も考慮が必要です。

 運動や食事、睡眠、社会的交流は認知症予防に有効とされるけど、認知症にならない保証はありません。

 認知症本人は、認知症の自覚がない場合が多く、意思や感情が失われることは、本人にとっては必ずしも苦痛とはかぎりません。

 認知症になると家族や周囲に負担がかかるけれど、それは意思や感情を伝えられないために行動に表れることがあります。

 また、認知症本人は自分の人生や人格を忘れることがあるけど、それは一部を変化させることに過ぎません。

第四章:医療幻想は不幸のもと

 本章では、医療幻想とは何か、などを解説しています。

 医療幻想とは、医療や医師が万能であるといった、過度な期待や信頼や幻想です。

 医療幻想に陥ると、現実とのギャップから苦しみや失望が生じ、効果のない治療や副作用に苦しむことにつながります。

 医療幻想を打破するには、医療や医師の限界を理解し、自分の健康や老いに対する責任を、自分で負う必要があります。

第五章:がんの新しい対処法

 本章では、がんと上手に付き合うための心構えなどを解説しています。

 がんは細胞の異常な分裂により発生する病気で、遺伝や環境、生活習慣が発生要因となります。

 がん治療には様々な治療法があり、がんの種類や進行度に応じて選択できます。

がんの治療法
  • 手術
  • 放射線
  • 抗がん剤
  • 免疫療法
  • 分子標的療法

 しかし、完全な根治は難しく、副作用や費用、効果の持続期間などの問題が存在します。

 がんと上手に付き合うには、がんの予後や生存率に囚われずに、自分の人生や価値観を重視することが大切です。

がんと上手に付き合うには
  • 現実的な視点と前向きな姿勢
  • 症状や治療法の理解
  • 自分に合った治療法の選択

第六章:「死」を先取りして考える

 本章では、死に備えるための準備などを解説しています。

 死は誰にとっても避けられない現実ですが、多くの人は死を考えたくないという心理があります。

 しかし、死を考えずにいると、自分の人生や価値観を見失ってしまいます。

 死を先取りして考えることは、死に対する覚悟や希望を明確にする機会になし、自分の死に関する医療や、介護の選択や、意思表示にも役立ちます。

死を先取りして考える方法
  • 自分がどのように死んでいきたいかを想像する。
  • 自分の死に関する希望を家族や医師などに伝える。
  • 自分の死に関する希望や意思を書面に残す。
  • 自分の死後の世界について考える。

第七章:甘い誘惑の罠

 本章では、欲望や執着が老いや死にどう影響するかついて、警鐘を鳴らしています。

 老いに対する甘い誘惑とは、自分の欲望や執着を満たすために、現実を見ないで楽観的な言葉や情報に流されることです。

 この罠に陥ると、現実とのギャップによって、苦しみや失望を味わうことになるでしょう。

 また、自分の老いや死に対する責任を、他人や社会に押し付けることにもなりかねません。

 罠を避けるには、現実的な視点と謙虚な姿勢が必要です。

甘い誘惑を避ける方法
  • 自分の老いや死に対する覚悟や希望を明確する。
  • 自分の人生や価値観を見直す。
  • 自分の老いや死に対する責任を自分で負う。

第八章:これからどう老いればいいのか

 本章では、老いの楽しみ方や、死の受け入れ方について提案しています。

 老いるということは、次のステージへ移行することです。

 自分の人生や価値観を見直し、自分の欲望や執着を手放すことが必要となります。

 老いる人は、自分の能力や環境の変化に対応して、生き方を変えていかなくてはいけません。

 自分の老いや死に対する感情は、自分の基準や期待によって変わります。

 自分を他人や過去と比べるのではなく、自分の現状に感謝することが、幸せに老いる秘訣です。

人はどう老いるのか:まとめと感想

人はどう老いるのか

 本書の著者である久坂部羊さんは、医師であり作家でもあります。

 その両面から老いと死について、現実的かつ深い洞察を提供しています。

 特に、老いの現実と対処法についての説明は、人間たちが直面する未来に対する、具体的なガイダンスを与えてくれます。

 また、認知症やがんなどの、老年期に多い病気や、医療幻想や、欲望肯定主義などの社会的な問題について、アドバイスが語られています。

 これらを読むことで、老いや死に対する恐れを乗り越え、現実的で前向きな生き方を見つけられるでしょう。

 特に印象的だったのは、老いと死を恐れずに向き合うためのヒントを提供する部分です。

 老いや死について考えることは、多くの人にとって避けがちなテーマですが、本書はそれらを直視し、受け入れることの重要性を教えています。

 また、著者が医師としての経験をもとに書いているため、医療の現場からのリアルな声が聞こえてくるようです。医療幻想に陥らず、自分の健康や老いに対する責任を、自分で負うことの大切さを感じられるでしょう。

 総じて、本書は、老いや死について、深く考えるきっかけを与えてくれる本です。

 自分自身や家族の将来について考える際に、参考になるでしょう。

 老いや死に関心のある人、または、自分や親の介護や、予習に役立てたい人にとって、おすすめの一冊となっています。

アイホン
アイホン

現実をしっかりと受け入れることが大事です。

HOMEへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました