【AIで本要約】大ピンチずかん|著:鈴木のりたけ【絵本】

大ピンチずかん 本要約:絵本

 今回は『大ピンチずかん』について教えて解説します。

アイホン
アイホン

本書は、絵本作家の鈴木のりたけさんによる、子どもが出会うさまざまな大ピンチを描いた図鑑です。

大ピンチずかん:要約

 大ピンチに対する正しい知識や対処法を学べ、子どもの好奇心や想像力を刺激する情報も満載です。

 大ピンチの例として、『ガムを飲んじゃった』・『シャンプーが目に入った』・『おゆがない』など、いろんな困ったり怖かったりするような状況が紹介されています。

 それぞれの大ピンチを、『大ピンチレベル』と『なりやすさ』で分類し、大ピンチの対処法や似ている大ピンチ・大ピンチからさらにおそいかかる大ピンチなど、関連した情報が併記されています。

 本書を読めば、大ピンチもうまく切り抜けられるでしょう。

アイホン
アイホン

本書にキャッチコピーをつけるなら『笑って学べる大ピンチ!』です。

大ピンチレベル

 本書では、大ピンチの危険度や困難度を1から5までのレベルで表していて、レベルの小さいものから順番に紹介しています。

 レベル1は比較的軽い大ピンチ。例:『ひもがほどけた』『おならが出そう』など。

 レベル2は少し困る大ピンチ。例:『ガムを飲んじゃった』『シャンプーが目に入った』など。

 レベル3はかなり困る大ピンチ。例:『おゆがない』『おしっこが漏れそう』など。

 レベル4はとても困る大ピンチ。例:『おねしょした』『おふろに落ちた』など。

 レベル5は最悪の大ピンチ。例:『おふろがない』『おかあさんがいない』など。

なりやすさ

 大ピンチになりやすいかどうかも1から5までの星で表していて、星の多いものから順番に紹介しています。

 星1はめったにならない大ピンチ。例:『おふろがない』『おかあさんがいない』など。

 星2はたまになる大ピンチ。例:『おふろに落ちた』『おしっこが漏れそう』など。

 星3はよくなる大ピンチ。例:『ガムを飲んじゃった』『おゆがない』など。

 星4はとてもよくなる大ピンチ。例:『ひもがほどけた』『おならが出そう』など。

 星5はほぼ毎日なる大ピンチ。例:『おきたくない』『ねたくない』など。

似ている大ピンチ

 大ピンチに似ている別の大ピンチも比較や対比の形で紹介しています。

 例えば『ガムを飲んじゃった』に似ている大ピンチは『コインを飲んじゃった』といった具合です。

 似ている大ピンチは、読者に興味や驚きを与える情報を提供しています。

大ピンチからさらにおそいかかる大ピンチ

 大ピンチからさらに悪化した大ピンチも、想像力やユーモアのある形で紹介しています。

 例えば『ガムを飲んじゃった』からさらにおそいかかる大ピンチは『ガムがおなかの中でふくらんでぱんぱんになった』となっています。

 大ピンチからさらにおそいかかる大ピンチは、読者に笑いや驚きを与える情報を提供しています。

対処法

 本書には、大ピンチになったときの対処法も、ちゃんと書かれています。

 例えば『ガムを飲んじゃった』の対処法は『大丈夫。おなかの中で消化されるから。でも、たくさん飲んだらお医者さんに行こう』となっています。

 対処法は、正しい知識や常識に基づいていて、読者にためになる情報を提供しています。

大ピンチずかん:まとめと感想

大ピンチずかん
まとめ
  • 本書は、子どもが出会うさまざまな大ピンチを描いた図鑑。
  • 大ピンチの危険度や困難度を1から5までのレベルで表している。
  • 大ピンチになりやすいかどうかを1から5までの星で表している。
  • それぞれの大ピンチについて、対処法などの関連情報も併記している。
  • 子どもだけでなく、大人も楽しめる作品。

 本書は、子どもが遭遇する様々なピンチを、ユーモラスに描いた図鑑です。

 鈴木のりたけさんの独特な視点で、日常の小さなトラブルが楽しく、かつ教育的に紹介されています。

 各ピンチの『大ピンチレベル』と『なりやすさ』の分類は、読者にとって非常に分かりやすく、子どもたちにとっては、日常の小さな出来事を新たな視点で見る機会を与えてくれるでしょう。

 また、各ピンチに対する対処法や関連情報は、実用的でありながらも楽しさを感じさせてくれます。

 子どもたちの好奇心を刺激し、親子で一緒に読むことで、コミュニケーションのきっかけを作ることができる素晴らしい作品です。

 ユーモア溢れるイラストと共に、子どもたちが日々直面する『大ピンチ』を笑いながら学べるおすすめの1冊となっています。

アイホン
アイホン

子どもだけじゃなく、大人もいっしょに楽しんで学びましょう!

HOMEへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました