【本要約】きみのお金は誰のため ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」|著:田内学

きみのお金は誰のため 本要約:お金・投資・経済

 今回は、田内学さんの『きみのお金は誰のため ボスが教えてくれた「お金の謎」と「社会のしくみ」』について解説します。

著者:田内学さんのプロフィール

 田内学さんは、金融教育家であり、元ゴールドマン・サックスの金利トレーダーです。

 お金は、人々の生活を豊かにするための道具であり、経済は人を中心にしなければならないと考えています。

 そのため、子どもから大人まで、お金や経済の仕組みをわかりやすく教える講演や、執筆をおこなっています。

遊び心@webエンジニア
遊び心@webエンジニア

そんな田内学さんが、本書を通じて読者に最も伝えたいメッセージは『お金は人を幸せにするための道具!』です。

きみのお金は誰のため:要約

ChatGPT

 本書は、お金と社会の仕組みを、物語形式で教えてくれます。

 本書を読めば、お金の謎を解き明かし、お金という鎖から解放され、お金を自分の意志に従って道具として使えるようになるでしょう。

物語のあらすじ

 主人公の佐久間優斗は、中学生の男の子で、お金に関する知識や興味がほとんどありません。

 ある日、優斗は、投資銀行勤務の女性・七海と出会い、彼女の車に乗って謎の大富豪の屋敷に連れて行かれます。

 そこで、大富豪の『ボス』と呼ばれる男性から、お金と社会の仕組みについての講義を受けることになります。

 ボスは、多くの人がお金のために働き、お金に感謝し、年収が高ければ偉いと思い、貯金が多ければ幸せだと感じるが、それはお金の奴隷になっていると説明します。

 そして、ボスは、3つの真実を提示します。

  • お金自体には価値がない
  • お金で解決できる問題はない
  • みんなでお金を貯めても意味がない

 これらを理解することで、お金の奴隷から解放される、と語っています。

 その3つの真実について、解説します。

お金自体には価値がない

 お金の価値が物理的な存在ではなく、社会的な合意に基づいていることを意味します。

 お金は、商品やサービスと交換するための媒体であり、価値を測る尺度として機能しますが、その価値は、人々の信頼と認識によって成り立っています。

 経済システムの中で、お金の価値は安定しているように見えますが、実際には社会的な信頼に依存しており、この信頼が崩れると価値を失う可能性があります。

お金で解決できる問題はない

 お金で解決できる問題は、実際にはお金が使える時だけであり、お金が問題を直接解決するわけではありません。

 例えば、コーヒーを注文する際、お金はコーヒーを生み出すわけではなく、コーヒーを作る人がいるからこそ、コーヒーを飲むことができるとされています。

 お金は、問題を解決するのではなく、他人に問題解決を依頼する手段なのです。

みんなでお金を貯めても意味がない

 例えば、全員が老人になり、働けなくなった場合、お金を持っていても意味がありません。

 生産力がなければ、いくらお金を持っていても生活は豊かにならないのです。

 本書は、個人としてのお金よりも、社会全体の視点で書かれており、消費や投資の際に、社会全体の視点を持つことが重要であるとされています。

 みんなが社会全体の視点を持って動くことで、より良い社会を作ることができるのです。

きみのお金は誰のため:感想とまとめ

 優斗は、最初は戸惑いながらも、次第にお金と社会の本質に興味を持ち始めます。

 しかし、ボスの講義には、ある目的が隠されていることが物語の進行とともに明らかになっていきます。

 物語はスリリングでユーモラスであり、登場人物たちのやりとりも楽しめます。

 その結末は、感動的で衝撃的であり、主人公とボスの関係やお金と社会の関係について考えさせられるものとなっています。

 本書は、お金と社会の仕組みについての深い洞察を提供する非常に啓発的な一冊で、物語を通じてお金の本質とその使い方、社会におけるお金の役割について考えさせられます。

 また、物語には、経済の専門用語や数式を使わずにわかりやすく説明された知識や考え方がたくさん盛り込まれています。

 本書の重要なメッセージは『お金は人々の生活を豊かにするための道具であり、経済は人を中心に考えなければならない』という点です。

 お金は、人々が自分の意志に従って使えるようにするために、価値や役割が変化してきました。

 しかし、お金に支配されたり、お金のために人を犠牲にしたりすることは、お金の本来の目的に反しています。

 経済は、人々が幸せに暮らすために、社会のしくみやルールを作ってきました。

 しかし、経済によって人々の間に格差や不平等が生まれたり、環境や資源が破壊されたりすることは、経済の本来の目的に反しています。

 これは、お金に対する一般的な認識を根底から覆すもので、私たちがお金をどのように扱うべきかについて新たな視点を与えてくれます。

 本書は、お金と愛の見え方が変わる物語であり、経済についての教科書的な内容と、小説としての面白さが両立されています。

 お金について学びたい人や、小説を読む感覚で経済を学びたい人におすすめの一冊となっています。

遊び心@webエンジニア
遊び心@webエンジニア

物語の中で、優斗や七海と一緒に考え、自分の中の答えを、見つけましょう!

アイホン
アイホン

本記事の内容は、youtubeでも視聴することができます。

HOMEへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました