【決算&上方修正】割安になった高配当株7選(2024年4月22日~4月26日)

決算&上方修正で割安になった高配当株7選 株式投資

 今回は、2024年4月22日~4月26日に決算発表か上方修正があり、割安になった高配当株を7銘柄ご紹介します。

しおり
しおり

決算で業績などが発表されると株価が動くので、チャンスが増えますね。

今回の話題
  • 割安高配当株の選定基準。
  • 割安高配当株7選。

 この動画を見れば、高配当株を割安で買え、配当をもらいつつ、将来的なキャピタルゲインも狙えるでしょう。

要約AI
要約AI

キャッチコピーをつけるなら『割安高配当株でキャピタルゲイン!』です。

第1話:割安高配当株の選定基準

今回の選定基準
  • 2024年4月22日から4月26日の間に、決算か上方修正が発表された。
  • 利回り3%以上。
  • 10年以上減配・無配無し。
  • PERが過去平均より低く、適正価格よりも割安になっている。

 PERの過去平均は、株探のグラフ内平均PERで確認しました。

 2020年からの平均と、2023年からの平均を確認し、いずれも平均を下回っていれば、長期的にも短期的にも割安と判断しました。

 適正価格は直近予想のEPSと2023年からの平均PERから算出しています。

第2話:割安高配当株7選

 それでは割安高配当株を紹介します。

しおり
しおり

ただし、情報は古くなっている可能性があります。

最終的な確認や売買判断は、ご自身で行ってください。

(6360)東京自働機械製作所

 東京自働機械製作所は、自動包装機械と生産機械の分野で活躍する企業です。

 たばこ自動包装機からスタートし、食品包装や古紙圧縮機などへと事業を拡大しています。

 銘産品や贈答品の包装において高いシェアを持っています。

 2024年4月26日に上方修正の発表があり、前期経常を一転36%増益に上方修正・23期ぶり最高益、配当も60円増額となっています。

東京自働機械製作所

 この発表を受けてPERは3.70倍となりました。

 2020年からの平均PERは7.90倍、2023年からの平均PERは5.51倍なので、割安と判断できます。

東京自働機械製作所
東京自働機械製作所

 2024年の予想EPS768.6円と直近の平均PER5.51倍から適正価格を計算すると、約4,235円になります。

 売上高とEPSは波があるものの右肩上がり。

東京自働機械製作所
東京自働機械製作所

 配当金は1株当たり120円で、利回りは約4.12%です。

 配当性向は約10.5%で、2020年に減配しているように見えますが、これは記念配当があったためです。

東京自働機械製作所

 権利確定月は、3月のみの一括配当になります。

東京自働機械製作所

(2664)カワチ薬品

 カワチ薬品は、栃木県と北関東を中心に展開するドラッグストアチェーンです。

 売り場面積が1,300㎡以上の超大型店を特徴としています。

 また、食品比率が高いことが特徴です。

 2024年4月26日に決算発表があり、今期経常は5%増益、前期配当を30円増額・今期も80円継続となっています。

カワチ薬品

 この発表を受けてPERは10.20倍となりました。

 2020年からの平均PERは11.05倍、2023年からの平均PERは11.83倍なので、割安と判断できます。

カワチ薬品
カワチ薬品

 2025年の予想EPS255.21円と、直近の平均PER11.83倍から適正価格を計算すると、約3,019円になります。

 売上高とEPSは、波があるものの右肩上がり。

カワチ薬品
カワチ薬品

 配当金は1株当たり80円で、利回りは約3.07%です。

 配当性向は約37.9%で、増配傾向にあります。

カワチ薬品

 権利確定月は、3月15日のみの一括配当になります。

カワチ薬品

(1867)植木組

 植木組は、新潟県を拠点とする中堅建設会社です。

 新潟県を中心に活動しており、東京・中部・東北などの県外でも事業拡大を進めています。

 また、子会社を通じて有料老人ホームなどの分野にも進出しています。

 2024年4月26日に上方修正の発表があり、前期経常を一転22%増益に上方修正、配当も15円増額となっています。

植木組

 この発表を受けてPERは5.90倍となりました。

 2020年からの平均PERは7.71倍、2023年からの平均PERは8.33倍なので、割安と判断できます。

植木組

 2024年の予想EPS261.87円と、直近の平均PER8.33倍から適正価格を計算すると、約2,181円になります。

 経常収益とEPSは、波があるものの右肩上がり。

植木組

 配当金は1株当たり70円となり、利回りは約4.31%になります。

 配当性向は約26.8%で、増配傾向にあります。

植木組

 権利確定月は、3月のみの一括配当になります。

植木組

(7322)三十三FG

 三十三FGは、三重銀行と第三銀行が2018年に経営統合して誕生した金融持株会社です。

 三重県で2位の地位を占めており、愛知県にも厚い基盤を持っています。

 2024年4月26日に上方修正の発表があり、前期経常を一転11%増益に上方修正・最高益を更新しています。

三十三FG

 この発表を受けてPERは7.70倍となりました。

 2020年からの平均PERは11.31倍、2023年からの平均PERは8.74倍なので、割安と判断できます。

三十三FG
三十三FG

 2024年の予想EPS263.69円と、直近の平均PER8.74倍から適正価格を計算すると、約2,305円になります。

 経常収益は軟調ですが、EPSは右肩上がり。

三十三FG

 配当金は1株当たり72円で、利回りは約3.52%です。

 配当性向は約30.1%です。

三十三FG

 権利確定月は3月と9月です。

三十三FG

(2216)カンロ

 カンロは、日本の食品メーカーで、主にキャンディやスナック菓子を製造しています。

 のどアメ等キャンディが主力商品で、三菱商事がカンロの販売総代理店となっています。

 グミも成長しており、第2の柱となっています。

 2024年4月26日に決算の発表があり、第一クオーターの経常は2%増益で着地となっています。

 この発表を受けてPERは12.70倍となりました。

 2020年からの平均PERは14.65倍、2023年からの平均PERは14.34倍なので、割安と判断できます。

カンロ